改札で止められないsuicaオートチャージは便利?

Suicaは自動改札機にタッチするだけで電車の運賃を清算することができるJR東日本のサービスです。
会社からの外出や出張などで利用すると、切符売り場で目的地までの運賃を調べる必要がなくなったり、電車の乗り継ぎや乗り越しがあった場合でも、改札窓口で料金の精算をしないで済みます。
この様にとても便利なSuicaでもカードにチャージした金額が足りなくなると、自動改札機で止められてしまいます。
しかし、suicaオートチャージを利用していれば、カードの残金が足りなくなった場合には自動改札機にタッチした瞬間に自動的にお金がチャージされます。
suicaオートチャージ機能はJR東日本のエリア以外にも、首都圏の私鉄や地下鉄でも機能するので、私鉄や地下鉄に乗り継ぎしたときに残金が足りなくなっても安心です。
なお、suicaオートチャージを利用できるSuicaカードは定期券タイプと記名式タイプで、無記名式のSuicaカードでは使えないので注意しましょう。