ビタミンC誘導体化粧品のニセモノって?

そのままでは壊れやすく、浸透率も低いビタミンCですが、リン酸と結合させることにより、浸透率、持続性を高めたのがビタミンC誘導体です。
「ビタミンC誘導体」を謳う化粧品の中には、ビタミンCを肌の中に入れるために、肌の表面を破壊する石油系合成界面活性剤を添加しているものがあります。
そうした美白化粧品は、ニセモノです。
石油系合成界面活性剤を浸透のために添加した化粧品は、ビタミンC誘導体化粧品ではありません。
石油系の合成界面活性剤は、催奇形性、溶血性毒性の有毒性があります。
ビタミンC誘導体配合の美白化粧品を買ったつもりで、うっかり合成界面活性剤入りの化粧品を買ってしまわないようにしましょう。
ハイドロキノン危険?顔のシミ取り効果的!【副作用やおすすめは?】